爪水虫のケアと予防

爪水虫の間違ったケアや予防に注意が必要

爪水虫とは白癬菌によって引き起こされる爪の水虫のことです。
急に爪水虫を発症するのでは無く、足の水虫の原因である白癬菌が更に奥へと入り込んだ結果、爪の裏側(内側)へと到達してしまう状態が爪水虫です。

つまり、水虫の悪化した状態。
厄介なのは、簡単に完治させられないことです。

また、足指だけでなく手指にも起こりうるので注意しなくてはなりません。
特に、長靴に手袋という格好の職業の場合、菌にさらされる事も多くなります。既に水虫を発症している場合、くれぐれも直接触れる事が無いよう気をつけなくてはなりません。

硬質の爪の裏側に入り込まれると、患部へ直接薬を塗布する事が出来ませんでした。爪水虫患者は、ラミシール内服薬のような肝臓に障害をもたらす危険性の高い薬を用いて、しぶしぶ対策するしか無かったのです。

今なら、クリアネイルのように爪に塗る事で殺菌できる外用薬があるので、爪水虫も内服薬による肝臓の負担にさらされる事なくケア可能です。

尚、水虫の場合は、皮膚の患部にラミシールATクリームなどの塗り薬を小まめに塗る事での治療も可能です。ラミシールの有効成分であるテルビナフィン塩酸塩には、白癬菌などの真菌の細胞膜に障害を起こし、増殖を抑える働きがあります。

これにより、足、体部、股部の白癬菌、または、カンジダ症に対しても有効性があるようです。ただし、カンジダの場合は、ラミシールなどのアリルアミン系ではなく、イミダゾール系が第一優先となります。

爪水虫の感染経路は、結局は、自分自身という事になりますが、その前段階の水虫(足白癬)では、公衆浴場の床やカーペットなど、不特定多数の人が出入りする環境など、感染リスクが高くなります。

白癬菌は、ヒトの角質のケラチンをエサにして増殖していくので、はがれた角質に付着している分は、いずれ息絶えますが、数日程度は、角質(垢)の中で生息する事が可能なので、誰にでも感染するリスクはあります。

ただし、白癬菌が菌糸を張って角質層に入り込むまで1日程度かかるとの事なので、そうなる前にケアしておく事で、発症や悪化を防ぐ事にもなりますが、その場合、単純に石けんで洗えば大丈夫というのも要注意。

普通の石けんでは、除菌が出来ても殺菌できず細菌が残ってしまうこともあるからです。
そうならない為には、ファンガソープのように細菌を殺菌する成分配合の石けんを使うなどでケアすれば、予防に繋がります。