爪水虫の治療薬と言えば

基本は抗真菌薬(処方箋薬)を用いる事になる

爪水虫の治療薬も基本的には普通の水虫と同じく、抗真菌作用のある薬が主となります。結局は、原因である白癬菌を減らす事が治療につながるので。

この場合、具体的な内服薬として、ラミシールやイトリゾールが挙げられます。
しかし、普通の水虫と違い、そうしたラミシールやイトリゾールでも、外用薬タイプのものは、爪水虫には効かないんです。

なぜなら、爪の固い成分よって、薬の浸透が阻まれ、白癬菌の殺菌効果が見込めないからです。そのため、外用薬タイプではなく、内服薬タイプのものを、治療では使用する必要があります。

しかし、薬事法上、そうした内服薬タイプの抗真菌薬は、市販では売れないことになっています。処方箋薬なので医師の指示の元使わなくてはなりません。

そのため、爪水虫を発症してしまった場合、水虫のように自分で市販薬を買って治療するという訳には行かず、面倒ですが皮膚科にお世話になるしかないみたいです。同じ水虫でも、患部が普通の皮膚か爪かと違うだけで、こうも面倒になるんですね。

ちなみに、皮膚科で内服タイプのラミシールを処方してもらう場合は最低でも25,000円程度、イトリゾールだと30,000円程度するとのことでした。ただ、値段だけ見ると、ラミシールの方が良さそうですが、完治までは最短でも半年はかかるため、もし少しでも早く治したい場合は、3か月程度で済むイトリゾールが推奨されるみたいです。

いずれにしても、こうした内服薬に頼る必要の無いクリアネイル(外用薬)による爪水虫対策なら、身体に負担もかかる事もなく、病院へ行く手間もありません。