日頃から出来る予防と意識

高温多湿・感染を予防する事が大切です

足水虫や症状が進行して起こる爪水虫は、その原因である高温多湿を防ぐ事で進行を抑える事が出来ます。その為、帰宅後すぐに足を丹念に洗う事も有効な方法です。

足を洗う事で、皮膚に付着した白癬菌を洗い流す事が出来ますが、同時に、古くなった角質が床に落ちて感染源となるのを防ぐ予防効果もあります。白癬菌は、落ちた角質の中でも数日は生きる事が出来ると言われています。

角質に含まれるケラチンは、白癬菌にとってのエサとなるので、それを除去する事で繁殖を防ぐ事にもなります。

そうして余分な角質や白癬菌をしっかり洗い流し、その後、ヘアドライヤーでしっかりと乾燥させれば、白癬菌の活動を抑える事にもなりますが、この時、注意すべき部分があります。

それは、その後にすぐ靴下を履かないことです。
ドライヤーでしっかり乾かしたつもりでも、人には感じないレベルの水分が残っている事もありますが、足を洗った後は、血行が良くなっているので蒸れやすくなります。

その上、洗ったばかりで皮膚が軟らかく、白癬菌にとっての快適な環境となりかねませんので注意しましょう。

これらを意識して毎日小まめに行う事が出来れば、それだけ予防効果も期待出来ますが、更に殺菌をしっかり行うなら、ファンガソープのように殺菌力のある成分を配合している液体ソープを使用するのも一つの方法です。

また、足を洗った後には、手にも白癬菌が付着する事が有りますので、それらから再感染したり、手指に水虫の症状が出るのを防ぐ為にも、ハンドソープでしっかり除菌した後に、アルコールで消毒するなど徹底する事こそが治療の促進に繋がります。