爪水虫の正体”白癬菌”とは

皮膚や爪のケラチンを食べて拡がる爪水虫

一度発症すると、処置を施しても治るのに時間のかかる爪水虫ですが、その正体は、白癬菌。
水虫や爪水虫の発症が長く続いている人なら、誰でも白癬菌という名前は聞いたことがあると思いますが、真菌の一種でどこにでも居る細菌です。

カビというと、白く綿毛のような菌糸がイメージされますが、爪水虫もカビの一つです。
一般的にカビの発生は、夏場に発生するようい高温多湿の場所を好みますが、白癬菌も同じように高温多湿の場所ほど活動が活発になります。

また、夏場だけ注意すれば良いというのは間違いで、冬のような空気が乾燥する季節では、ブーツを履く機会、女性であれば、厚手のストッキングを素足のまま履く事も増えると思いますが、これらも真菌にとって活動しやすい環境を提供している事になるので油断なりません。

一般的な白癬菌感染症は水虫ですが、皮膚も爪も白癬菌の栄養源であるケラチンで構成されているので、それらの場所ほどしぶとく感染していきます。

白癬菌は、ケラチンを取り込むためにケラチナーゼという酵素を出してタンパク質を溶かしだして食べます。なので、皮膚だろうが爪だろうが溶かす事が出来る部分からは、無作為にケラチンを吸収し感染を拡大していくのです。

足は、地面に最も近く湿り気を帯びている事が多いので、白癬菌にとっての快適な環境となりやすい事もそうですが、爪水虫や足水虫以外にも、身体のあらゆる所に白癬菌は感染するので油断なりません。

ゼニタムシ、シラクモ、そしてインキンタムシなど、それぞれ、身体、頭、股と病名が異なります。

爪水虫になっても痛みやかゆみなどを感じる事もなく、爪の見た目の変化以外には何の不自由を感じる事もなく過ごせる場合も多いですが、爪水虫をそのまま放置しておくと更に症状は悪化し、早期治療が難しくなってしまいます。

早い段階で手を打っていれば、クリアネイルのみでそれ程苦労なく爪水虫の早期治療も可能となっていたかもしれないなんて事にならないように気をつけなければなりません。