白癬菌は熱いお湯で殺菌出来る?

白癬菌殺菌の民間療法と言えばお湯ですが…

白癬菌は、感染源(胞子)は、60℃以上で死滅する事が確認されているという事なのですが、これは、明らかに実践不可能です。やけど程度の話では済まされません。

ただし、40℃以上のお湯に長く浸かる事でも多少なりとも殺菌できるという事なので、薬に頼らない民間療法でというなら、こうした方法も有ります。

ですが、これは、足水虫の話です。
爪水虫となると、更に、硬い爪の裏側に白癬菌が潜り込んでいる状態なので、どこまで効果をもたらすかは不明な割合が多くなります。

足水虫の段階でそれに気づき試す事で症状の進行を抑えたり、もしくは、改善したりという期待が持てますが、その先の段階まで進行している場合の期待は禁物です。

結局、何も解決できず、時間だけを費やしてしまうなんて事になると、何のための民間療法だったのかなんてなりかねません。

熱による方法では、他にもローソクのロウを垂らすという方法も用いられているようです。溶かしたロウは、熱いけどやけどはしないというギリギリのライン。

これが、皮膚に付着すると一瞬熱いと感じるものの、それによるヤケドなどはなく、対して、一瞬でも熱にさらされた白癬菌は死滅していくという方法ですが、これも同様に足水虫に限った情報しかありません。

こうした民間療法で治れば楽ですが、今なら、足水虫の治療には、ラミシールATクリーム、爪水虫ならクリアネイルというように、それぞれ外用薬のみで治療できるようになっているので、荒療治に頼る必要も有りません。