ファンガソープEXで足の水虫悪化を防止

市販の石けんと比べてて殺菌力が段違い

水虫になると、夏場は特に大変。
湿度のせいで患部の乾燥が難しくなるからです。そのため、白癬菌が増殖して指から爪にまで浸食することで、爪水虫を発症してしまうケースも多いとのことでした。

水虫と爪水虫の併発なんて、かなり大変だと思います。
爪水虫の場合、水虫と違って患部が固い爪に覆われている関係上、特別な抗真菌薬を使わなければいけないと聞きますから。

となると、水虫は爪水虫まで発展する前に、悪化を防止するのが得策ですね。では、それにはどういった手立てがあるのでしょうか?

個人的には、できるだけ裸足でいるくらいしか思いつかなかったのですが、入浴時の洗浄を少し変えれば、かなりの確率で水虫の悪化は防げるとのことでした。

具体的には、普通の石鹸ではなく、ファンガソープという薬用石鹸を使うと良いそうです。

なんでも、普通の石鹸だと、古い角質や汚れを落とすくらいしかできない関係上、精々除菌程度の効果しかない一方、ファンガソープはそれとは違い、白癬菌を含む真菌を殺菌する効果まであるのだとか。

そのため、水虫の治療薬と並行して、ファンガソープを使用することを、最近では勧める医師も多いみたいです。