爪水虫の基本的な治療方法

内服薬による治療が主流だけど副作用が心配

自然治癒できない爪水虫なので、薬を用いて治療する以外で根治しません。
また、治療する場合、一般的な方法として行われているのは、ラミシール錠の服用により、爪水虫の原因である白癬菌の増殖を阻害することです。

ラミシール錠の成分であるテルビナフィン塩酸塩には、白癬菌の細胞内に取り込まれて細胞膜を壊すという働きがあるので、成分を取り込んだ白癬菌は、形を保つことができず壊れて死滅していきます。こういう殺菌方法です。

このように薬の働き自体はわかりやすく、白癬菌への有効性も高いことからラミシール錠が使用されていますが、それだけ効き目の強い成分でもあり、体への負担も大きいと言われています。特に、肝臓や腎臓への負担が大きく、持病などでこれらに障害がある場合は使用することができなかったりなどします。

そんな体への負担の大きいラミシール錠ですが、完治させる為には、半年程度継続して使用していかなくてはならないようです。その間に体にどれだけ負担がかかるのかと考えたらあまり使いたいものではないかもしれません。

治療薬の参考書の中には「重篤な肝障害(肝不全,肝炎,胆汁うっ滞,黄疸等)及び汎血球減少,無顆粒球症,血小板減少が現れることがあり,死亡に至った例も報告されている」と書かれているものもあります。

今までは、この方法でしか爪水虫を治療することができなかったので、それに頼らざるを得なかったというのが現状のようです。

それだけ、危険性もはらんでいる薬でもあるので、爪水虫治療の必要を感じても最終的な手段として残しておいた方が無難です。

ですが、今では、クリアネイルやチモールリキッドなど、外用薬のみで爪水虫を治療することが可能となっています。クリアネイルの有効成分であるトルナフタートもラミシールと同じように、白癬菌を殺菌する働きを持った抗菌薬です。

これが、爪の上からでも浸透する特許技術により爪内部の白癬菌に効果をもたらすので、外用薬のみでの治療も可能となっています。

それに加えて、殺菌力の強いハーブを原料としているチモールリキッドを併用することで、更に、白癬菌の退路を断ち治療効果を高くすることも可能です。

内服薬は、最終的に爪水虫の根治ができても、それと引き換え、それ以上に体に負担をかけてしまう恐れがあります。そうした部分を十分に理解した上で、どちらが良いのか考えてみると外用薬の方が十分に安全であるだけでなく、再発した場合も気兼ねなく使用することが出来るのではないでしょうか。