爪水虫治療薬のクリアネイルは市販されていますか?

クリアネイルは爪の裏側の白癬菌を殺菌できる塗り薬

外用薬なのに爪水虫を治療できるとしてクリアネイルが人気となっています。

爪やその周囲に塗る薬なので、経口投与の抗生物質とは異なり肝臓や腎臓への副作用を心配すること無く安全に爪水虫治療が可能です。

クリアネイルの有効成分(トルナフタート)は、白癬菌やその他の真菌、または、タムシなどの感染症の治療に有効な抗真菌薬です。

トルナフタートの優れた殺菌力に加えて、特許取得の浸透技術を併せ持つ事で爪の裏側で営巣している白癬菌に対し効果的に働きかけてくれます。

従来の外用薬では不可能だった爪の裏側に潜む白癬菌を殺菌する技術。外用薬のみで爪水虫の治療を可能とした事は、内服薬が心配だった方だけでなく、肝機能や腎機能に問題が有り爪水虫を治せずに居た方の希望ともなってくれます。

グリーンネイルの治療も可能

ネイルアートとクリアネイルの誕生のきっかには関係がありました。
元々は、ネイルやつけ爪をよくする女性で発症率の高い爪のカビ『グリーンネイル』の症状を防ぐ塗り薬としてネイリストの要望を経て開発されたという経緯があるのです。

グリーネイルは、緑膿菌が繁殖する事で爪が黒っぽい緑色に変色してしまう爪カビの一種です。

自己流のつけ爪を繰り返していたり、爪がダメージを受けて弱っているのにネイルアートを繰り返していると、爪とネイルの間に雑菌(緑膿菌)が入り込みやすくなりグリーンネイルを引き起こす事があります。

その上、緑膿菌が残っている状態でコーティングしてしまったら、菌にとっての最も安全な環境(菌の温床)を作ってしまう事になります。

グリーンネイルになっても痛みやかゆみはありませんが、このように変色し爪の変形が起こったりする場合もあるので、ネイルどころではなくなってしまいます。

また、困ったことに、緑膿菌は、消毒薬や抗菌薬への耐性の高い菌でもあります。
ネイルを塗る前に爪を消毒すれば済むからとアルコールで消毒しても、耐性の強い緑膿菌には効き目が及ばないかもしれません。

クリアネイルは、こんなしぶとい緑膿菌に対しても持ち前の殺菌力を発揮してくれるだけでなく、優れた浸透力で付け爪の上からでもグリーンネイルを改善すると言われています。

本製品がネイリストのきっかけで開発されたという経緯もあり、グリーンネイルでお悩みの場合もクリアネイルが最適な塗り薬となってくれます。

爪水虫の内服薬は色々と気をつけなければならない・・・

  • 「一度爪水虫に感染すると簡単に治らない・・・」
  • 「病院へ行くと出されるのが大体ラミシールの内服薬」
  • 「内服薬でも完治まで半年もかかると言われている」

爪水虫に一度なってしまうと自然治癒は見込めません。
白癬菌は、体内の抗体である白血球が対処できない皮膚の表層で感染を拡大します。また、皮膚の代謝より早いスピードで繁殖するので、古い角質が落ちても菌は減らないのです。

一般的な爪水虫の治療方法として、病院でラミシールを処方されるのは、有効成分(テルビナフィン塩酸塩)がヒトの身体に吸収された後、最終的に爪や皮膚の角質に集まって白癬菌の中へと取り込まれる仕組みが有るからです。

白癬菌の中へと成分が取り込まれると、テルビナフィン塩酸塩の作用で菌の細胞膜が壊されて死滅しさせる事が出来ます。

しかし、内服薬を用いても完治するまで半年位かかります。
その間、治療を続けなくてはならない場合が多いのです。

抗生物質なので肝臓への負担も大きいので、肝機能や腎機能に問題が有る場合には服用する事が出来ません。また、白癬菌の居る皮膚にのみピンポイントで成分が集まるのではないので、無駄に多く成分を取り込まなくてはいけず効率的ではありません。

  • 「出来れば抗生物質は使いたくない」
  • 「使いたくないけど早く治したい」
  • 「処置の時間もかからない方法が良い」

クリアネイルを使うだけでなく爪水虫の治療にかける時間を短縮したいなら、殺菌力の高い別の成分を配合した製品との併用でより効果を引き上げる事が可能です。

抗菌力の強いハーブの成分でより確実に

爪水虫治療薬には、クリアネイルと併用する事でより早く完治が出来ると言われているチモールリキッドがあります。

クリアネイルは、爪から浸透する事で爪の裏側に潜む白癬菌にも有効に働いてくれますが、白癬菌の感染経路を完全に遮断できたわけではありません。

元々の水虫が再度爪の中へと侵入してきたり、爪の裏側に居た白癬菌が表面へ逃げてくると完治が遅れる事もあります。

そんな状態を防ぐためにもチモールリキッドが有効です。

使い方は、爪全体にクリアネイルを塗り込んだ後、チモールリキッドを爪と皮膚の間に浸透させる。
すると、殺菌力の高い成分が爪の裏側と皮膚との経路を遮断し感染を拡げられない環境を作ってくれます。

クリアネイルで爪から浸透して白癬菌に追い込みをかける。
さらにチモールリキッドで逃げ場を遮断して殺菌する。

また、これらの併用が問題ないので実現できる爪水虫の駆逐プランです。
これら二つの治療薬を併用すれば、重傷な場合や早く治療したい場合も外用薬のみで爪水虫の治療が可能となるのです。

尚、チモールとは、4,000年以上前に発見されたタイムというハーブに含まれる成分でハーブの中でもナンバー1の殺菌力と抗ウイルス作用があると言われています。

チモールリキッドは日本では未発売となっていますが、アメリカでは、チモールが爪水虫に活用されていて「ラミシールよりも効いた」というレビューもあるようです。

完全勝利を目指すならラミシールクリームで根本から治療する

  • 爪水虫の原因は足の水虫
  • 爪だけ治っても白癬菌が居たら再発
  • 再発するとまた位置から治療しなおし

水虫も爪水虫のいずれも白癬菌によって引き起こされる感染症ですが、最初、水虫として感染を拡げたものが悪化し爪の裏側へと侵入すると爪水虫(爪水虫)です。

根本原因である水虫の治療も完了した時が本当の完治。
完全勝利の達成です。

幸いな事に水虫の場合は、日本でも購入できるラミシールの塗り薬が最適です。
ラミシールは、内服薬だけでなく感染した皮膚に直接塗る外用薬「ラミシールATクリーム」が有り、これを使用する事で水虫の撃退が可能です。

ラミシールを使用する際の注意点として、水虫の症状が治まりかゆみなどが無くなった場合でも続けて1ヶ月程度は塗る事。

見た目も綺麗に戻りかゆみも無くなってくると、「もう必要ないかな?」と必要性が薄れてくるものですが、症状が治まってもしぶとい残党が残っている可能性があるのですぐに塗るのをやめない方が賢明です。

塗る期間を長めに設定する方が良いと言われています。

尚、日本で販売されているラミシールATクリーム(第2類医薬品)は、10gなので一本ではまかないきれません。普通に使用して恐らく1本(10g)で2週間弱といったところです。

海外で取り扱われるラミシールATクリームは、30gのもが有りさらに価格も安いです。

全てを揃えてしっかり治療したいなら

この3つの薬に加えて、殺菌力の高さと使い心地から、様々な感染症対策に人気のファンガソープEXを含めた4つのセットが販売されています。

それぞれをバラバラに購入した場合と比べてもセット割引で安く購入可能です。

商品名内容量価格
クリアネイル18ml4,980円
チモールリキッド28cc4,480円
ラミシールATクリーム30g4,140円
ファンガソープ473ml2,780円
足の水虫完全対策セット上記4つのセット14,840円(1,540円割引)

軽度の爪水虫やまだ発症間もない段階ならクリアネイルだけでも良いかもしれませんが、「まだこの位なら大丈夫だろう」とか「その内治るだろう」と思っていても治らないのが爪水虫のしぶとさです。

特に、普段から長靴、革靴、ヒールなどの通気性の悪い靴、ストッキングや足汗をかきやすいなどでも白癬菌には最高の環境です。また、他に水虫を患っている人との共同生活やスポーツジムなども白癬菌の温床。

そんな時でもこのセットが有れば、安心。
兆候が現れたら、早いうちに使うよう心がければ、今までのように治療しようと思ったときには、もう悪化していたなんてこともなくなります。

いざという時の備えとして持っておいて損はない完治セットです。